思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2017年11月29日

つながる思いやり

席を譲るってなかなか勇気がいるものです。"座ってもらえなかったらどうしよう・・・"などひとしきり考えてから、「よし!」と一呼吸して立っています。先日、譲ったほうがいいなと思うマタニティマークをつけた方がいたので、私はいつものようにこの一連のルーティンを頭の中で繰り広げてしていました。するとそんな私の前で、スムーズに「どうぞ」と席を立つ若い男性がいました。若い男性がマタニティマークを知っていることに驚くとともに、私も次からはあまり深く考えず、最初の思いやりの気持ちを大切にしようと思いました。他人になかなか思いやりを持てない風潮がある中で、今日の若い男性の行動は私に勇気をくれました。

大阪府在住 40代 女性

  • CATEGORY

    座り方・優先座席

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。