思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2017年01月04日

たった一声で

満員電車で赤ちゃんが、かなり大きい声で泣いていた。辺りを見回すと、怪訝そうに咳払いをするサラリーマン、スマホをいじっている学生、「うるさいなぁ」とにらんでいる乗客もいる。そんな中、赤ちゃんの母親は「すみません、すみません。次、降りるので...」と謝っている。するとある1人の男性が、「仕方ないですよね、赤ん坊なんだから。」と微笑んで言った。その一声で一気に場が和んだ。赤ちゃんの泣き声は、心なしか小さくなった。

兵庫県在住 10代 女性

  • CATEGORY

    その他

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。