思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2016年06月29日

未成年の主張

僕が電車に乗っていた休日の昼間のある日。
座席の下に、ビールの空き缶とお菓子の空袋が落ちていました。あいにく、誰もそのゴミに気づいていないので、僕は電車を降りる時「一緒に拾って捨てよう。」と思いました。すると目的の一つ前の駅で降りる女性がそのゴミに気づき、拾って降りて行ってくれました。しかし、よく見ると女性が気づいたのはお菓子だけで、ビールの缶には気づいていませんでした。"僕がこの空缶を捨てねばならない"と考えましたが、未成年。ビールの缶を持って駅へ出たら、大人達は何を思うのだろうか・・・。僕は迷いに迷って結局、その空缶を拾わずに降りてしまいました。今も後悔しています。そして、自分で出したゴミはちゃんと捨て欲しいと改めて思いました。あの女性には感謝しています。ありがとう。

大阪府在住 10代 男性

  • CATEGORY

    その他

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。