思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2016年06月15日

連携プレーと感謝の連鎖

息子がまだ赤ちゃんの頃、駅にエレベーターが満足になく、ベビーカーを折りたたんで階段を上り下りしていました。階段の手前でスリングに息子を入れ、自分の貴重品とは別にベビーカーにぶらさげてある買い物袋などを肩へ持っていました。
そんな中、見知らぬ男性が「手伝います!」とベビーカーを持ってくれ、それを見ていた他の女性が「私もお手伝いします!」と買い物袋を持ってくれました。多い時で知らない人同士で、3人くらいに助けて頂いた事があります。電車から降りる時や、乗る時にもお手伝い頂いた事が多かったです。感謝感激の日々でした。そして、共通するのは、スチャッと爽やかに去って行く皆様!その頃の話を小学2年生になった息子にはしており、困った方がいた時には、席の譲り合いもしかり、親子揃ってお手伝いをするようにしております。感謝の連鎖です!

兵庫県在住 30代 女性
(6月13日にご投稿いただきました。)

  • CATEGORY

    その他

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。