思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2016年06月06日

ママ達の助け合い

息子が2歳の時の出来事です。電車が好きな息子は、いつも大人しく乗り、静かに外を眺めています。そこへ同じくらいの男の子が乗ってきました。ベビーカーや荷物を抱えたお母さん、「抱っこー」と泣く男の子、周りのお客さんのチラチラ刺さる視線。立って抱っこして欲しいのか、お母さんは席が空いているのに座れず困っていました。そこで私は泣いている男の子を手招きし「消防車いたよ」と言うと、息子の隣に座り、外を眺め始めました。お母さんは「助かりました。ありがとうございます。」とホッとしていました。知らないママ同士だけど、とっさに助け合えた事が嬉しかったです。子供が泣いても、温かい眼差しやアイディアを差しのべる事もマナーだと思いました。

北海道在住 30代 女性
(6月4日にご投稿いただきました。)

  • CATEGORY

    その他

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。