思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2016年03月30日

少年の勇気にほのぼの

昼下がりの電車は、空席がちらほら。私は、56歳。健康のため、座らないのが日常。少し離れた席から小学校2、3年生位の男の子が「座りませんか?」と話しかけてきた。大丈夫・・と言おうとしたが、ふと少年が勇気を出して譲ってくれようとしていることに気づいた。これに素直に答えようと思い直した。おそらく彼は、両親か学校で教わったことを実践したのだろう。彼が下車する際、「ありがとうね」と言うと、少年は恥ずかしそうに頷いた。妻にそのことを話すと、「小学生から見れば私たち年寄りだもんね。好意は素直に受け取ろうね」と笑った。少年の勇気のおかげでほのぼのの一日となった。

広島県在住 男性 50代

  • CATEGORY

    座り方・優先座席

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。

おすすめの記事

2016年08月31日

言語をこえた思いやり

2016年09月07日

素敵な妊婦さん

2016年09月14日

優しい人になりたい