思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2015年09月16日

少しの勇気

大学進学のため大阪に来た私。毎日人の多さに驚かされるばかり...特に電車はいつも満員。
ある日、合宿に行くことになり電車を利用したところ、やはり満員電車でもみくちゃに...
そして、停車駅で降りようとすると、人が入ってきて降りることが出来ない状態に。「すみません!降ります!」と言っても誰も空けてくれず、次の駅で降りようと、諦めようとした時、「すみません!この子降りるみたいなので、道をあけてあげてください!」と、一人のサラリーマンの方が声をかけてくれた。その一言で、前にいる人が一度降りて道を開けてくれ、最後に「よかったね!」と言ってくれました。"こんな人もいるのだ"と思い、感動した。
少しの勇気を持って声をあげるだけで、人のためになると知って、私も電車でのマナーを考え直すきっかけとなった。

兵庫県在住 10代 女性

  • CATEGORY

    その他

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。