思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2015年04月01日

助け合い

「急病人の救護を行いましたのでただいま遅れております」という放送をよく耳にしますよね。実際、自分がその現場に居合わせることになった時のお話です。
女性専用車両にのっていた時、目の前の吊革にもたれかかるようにつかまっていた女性が急に車内で倒れました。 すると、周りにいた女性たちが即座に動きました。1人は席をゆずって声をかけ、1人は車内を走って車掌さんを呼びに、1人は「これ買ったばっかりで飲んでないから」とお水渡してあげていました。 すぐに車掌さんがきて、車いすで彼女は運ばれていったのですが、迅速な乗客の対応に感動しました。周りのみんなの対応で電車はほぼ遅れることはなかったのですが、彼女が車内から降りていった後も周りの乗客が一緒になって「大丈夫かな」と心配していました。
みんな1人で乗っていたと思うのですが、人って「1人ではないんだな」と感じました。

兵庫県在住 20代 女性

  • CATEGORY

    その他

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。