思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2014年08月26日

未来は明るい

先日、こんなことがありました。
私は脚を骨折しており松葉杖をついて電車に乗りました。つり革も持てず、隅にも行けず、バランスが取れず痛みに顔をゆがめている私に、「良かったら座ってください、俺たちすぐに降りるので!」と言って、野球部と思われるカバンをもった学生3人が席を譲ってくれました。松葉杖があり、座るにもひと苦労でしたが、1人が肩を貸してくれ、あとの2人が松葉杖と荷物を持ってくれました。人の優しさに涙が出そうになったのは初めてでした。
それとともに、私はこの子たちと同じように人に対して思いやりを持てているだろうか、と反省しました。彼らに連絡先も聞けず、改めてお礼が出来ないのが心残りですが、あの時は本当に助かりました。よく「最近の若い者は」みたいな話を耳にしますが、彼らのような思いやりのある子たちが作っていく未来は明るいと思いました。届かないかもしれないけれど、本当にありがとうございました!

神奈川県在住 30代 男性

  • CATEGORY

    座り方・優先座席

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。