思いやりノート

当企画について

みなさんに投稿いただいた駅や列車内での心温まる思いやりエピソードをご紹介します。
共感いただけた記事にFacebookの「シェア」ボタンをクリックしてください。
あなたのワンアクションで思いやりツリーが育ちますよ!

DATE

2014年08月19日

譲り合い

僕が小学1年生くらいの時、僕が乗った電車は混んでいるとまでは言いませんが、少なくとも席は埋まっていました。僕も席に座っていましたが、とある駅に着き、おばあさんが入ってきました。おばあさんは座れないので立っていたら、妊婦さんがそのおばあさんに席を譲ろうとしました。おばあさんは妊婦さんだと思ってためらったのか、なかなか座ろうとしませんでした。すると、幼稚園くらいの子が妊婦さんとおばあさんに「僕が立つから座って」と言いました。2人は感謝と嬉しさの笑みをしていました。すると、それを見ていた女子中高生がその子に席を譲ってあげていました。
小さい頃の僕が何を思ったかは覚えていませんが、今思うと「譲り合いの心」というのは良いものだし、自分も見習わなければと思います。

東京都在住 10代 男性

  • CATEGORY

    座り方・優先座席

  • COMMENT

    (0)

COMMENT

  • ニックネーム

    (省略可)
  • コメント

コメントの掲載まで、少々お時間をいただくことがございます。
※また、投稿いただきましたコメントはサイト運営事務局にて内容を確認し掲載いたします。
内容によっては掲載されない場合がございます。
※ご了承ください。